• ホーム
  • プロペシアはすぐに効果が出る薬ではありません

プロペシアはすぐに効果が出る薬ではありません

2020年05月04日
薬を飲もうとしている男性

脱毛を食い止めるプロペシアは、フィナステリドを有効成分として配合している薬です。
プロペシアは服用するタイプの薬で、脱毛司令を抑制したり、ヘアサイクルを調整する働きがあります。
その効果には個人差があって、直ぐに効果が出るわけではないのが特徴です。
効果が現れるタイミングは、症状の進行状況やヘアサイクルによって、一人ひとり違うといえます。
ヘアサイクルを元に戻す為の薬ですから、プロペシアのフィナステリドが効果を発揮するまでには時間が掛かります。

プロペシアの服用開始から頭部に変化が現れるまでには、少なくとも1ヶ月以上の期間を要します。
個人差はありますが、最初は初期脱毛が発生する傾向なので、一時的に抜け毛が増えたり髪質を変化したように感じます。
脱毛や薄毛の進行を食い止めるということは、それだけ体のメカニズムに深く関わり、影響を与えることを意味します。
プロペシアの有効成分フィナステリドは、脱毛司令の優位な状態に介入して、脱毛を抑制したりヘアサイクルの改善を行います。
初期脱毛は、いわばヘアサイクルを正常化する為に必要な段階で、やがて落ち着いたり太くて強い毛に生え変わり始めます。

変化は頭部全体ではなく、部分的に小範囲ごとに少しずつ起こって変化して行きます。
その為、全ての髪の毛が生え変わったりヘアサイクルが正常になるまでには、数ヶ月の時間を要することになります。
個人差はあるので人によりますが、1ヶ月程度でプロペシアの効能が発揮されることはまずないでしょう。
初期脱毛は気になる頭部の変化ですが、ここで中止せずに使い続けて様子を見守ることが肝心です。
服用の中止を行えば初期脱毛で抜けた髪の毛は元に戻りますが、フィナステリドの作用も失われてしまうので、再開するにしても時間が掛かる結果に繋がります。

プロペシアを服用し始めたら、中止や再開は考えずに飲み続ける、これがフィナステリドの効果を得るコツです。
また、プロペシアは分量が調整されている薬なので、安易に分割したり増量しないことが注意点となります。
服用量を増やせば効果が早まるというのは間違いで、あれこれ量を増減して試すのも違います。
個人差があるとしても、プロペシアは安定した継続的な服用で効果を発揮するので、服用量を守り一定期間続けることが大切です。

プロペシアの効果が出るのは、少なくとも6ヵ月後

プロペシアの効果が現れるのは、少なくとも服用開始から6ヶ月が経過して以降のことです。
この6ヶ月という期間は、ヘアサイクルが変わって髪質やボリュームが変化するまでの時間です。
個人差はあるので多少前後しますが、6ヶ月間の服用を続ければ、プロペシアが効くかどうかが分かります。
服用期間を経て効果が現れる時は、脱毛司令の抑制具合や進行状況の変化、そしてフィナステリドと体の相性が判明します。
脱毛司令は抜け毛や薄毛を引き起こすので、プロペシア服用後にこれらが改善していれば、抑制効果が現れていることが証明されます。

抜け毛が減って気にならなくなる、脱毛抑制の効果はプロペシアで確認しやすいポイントです。
枕に付く髪の毛、あるいは排水口に溜まる抜け毛が減るので、初期脱毛が落ち着いて抜け毛が収まれば服用の成功です。
同時に体毛の増加や血圧の変化、頻尿などがなければ副作用の心配はないです。
つまり、抜け毛を改善する成分のフィナステリドと、服用者自身の体の相性が良いということです。

服用開始から6ヶ月が過ぎて、効果やヘアサイクルが安定したら、服用量を調整できるようになります。
服用量は薬の効き具合、または副作用と相談しながら決めることになります。
大抵は減らす方向で調整を行い、無理なく続けられるようにするのが狙いです。
推奨される服用量内であれば、増加方向で調整することもできますが、いずれにしても医師の判断で量を変える必要があります。

プロペシアの服用中に共通するのは、途中で中止すると、再開しても元に戻るのに時間が掛かるということです。
フィナステリドは毎日供給を行うタイプの薬で、プロペシアの服用を止めれば体内の成分が薄まり効果が弱まります。
中止の期間が長引けば影響は大きく、服用の再開から効果が元に戻るまでに長い時間が必要となります。
6ヶ月に満たない時でも、中止はプロペシアの効果を発揮する妨げとなるので、中断せずに最低でも6ヶ月様子を見て継続を判断するのがベストです。

関連記事
AGA以外の脱毛にはプロペシアは効かない

プロペシアは全ての薄毛に効果があるわけではなく、AGA(男性型脱毛症)に有効です。その理由はプロペシアの有効成分である「フィナステリド」の働きに起因しています。フィナステリドはAGAの原因物質である「ジヒドロテストステロン」を生成させない特徴を持ちます。ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンのテスト...

2020年05月22日
プロペシアには併用禁忌の薬はありません

飲む育毛剤とも呼ばれているAGA治療薬のプロペシアは、前立腺肥大症を改善するために開発されたfinasteride(フィナステリド)を主成分としています。このfinasterideは、ヨーロッパで医薬品として使用されているsawpalmettoをモデルに開発されたもので、テストステロンを悪玉男性ホル...

2020年06月24日
プロペシアジェネリック・フィンペシアは安くて良い

男性にとって薄毛は悩ましい問題です。これまでは薄毛を改善するのは難しいと言われていました。しかし最近では、薄毛は薬を投与したり患部に塗ったりするだけで改善される時代となっています。なかでも、プロペシアという薬は人気があり多くの患者が利用しています。適切な用法用量を守って利用することで、かなりの人の薄...

2020年06月08日
プロペシアは通販で手に入ります

プロペシアはAGA治療薬で、経口タイプの飲む治療薬です。プロペシアはクリニックで治療することで処方されますが、通販サイトでも購入することが可能です。通販サイトも数多くあるので、口コミサイトなどを参考に評判のよい信頼できるサイトを利用することが大切なことです。プロペシアはもとは前立腺肥大などの治療薬と...

2020年04月17日
ごっそり抜ける?プロペシアの初期脱毛とは

AGA治療薬として有名な医薬品の一つが「プロペシア」です。高い効果を期待することが出来る一方で、副作用が見られることもあります。プロペシアの副作用の一つが初期脱毛と呼ばれるものです。プロペシアはフィナステリドを主成分とする内服薬です。AGA治療薬として、日本で最初に承認された医薬品で、AGA治療を行...

2020年04月02日